なんで「見栄」とか「建前」とか

自分用の備忘録です。



仕事やっていても、それから大好きなプロ野球みていても思うのですが、なぜ正直な思いをそのまま言葉として残さずに、オブラートで包み込んでしまい見栄や建前に支配されて陳腐な言葉を選んでしまうのかな、と。



最近、会社の同僚でいろいろな屁理屈をこねくり回しては自分の会社への不満(※あとで本人に個人的に酒の席で確認したところ、要するに給料をもっともらいたいらしい)を、さも論理的かつ会社利益に反するかのような言いぐさで会社の不備にすり替えて、自分の能力を必要以上に誇張して、しかもそれを周囲の社員にもけしかけて振りまき、おかしなムーブメントを起こそうとする者がいます。



う~~ん、なぜもっとはっきりと人事なり上司なりに「給料もっと欲しい」とか本音でぶつからないのだろうか。。。本人と僕は付き合いも長いこともあるんでちょっと酒席に誘ってお金が欲しい理由を聞いてみたら、結婚して間もないこともあり、何かと入用なため、というのと嫁さん自身にいろいろ(服やら趣味のアクセサリやら)にお金がかかる様子で新夫としての見栄もあってそういう物言いをしていた、と。まぁ気持ちはわからんでもないけど、ならそれをなぜそのまま会社に伝えぬのだ!と酒を飲みながら僕が指摘すると「お互い(自分と会社)大人だからなかなかそういうプライベートな事情をダイレクトに伝えるのもナンだなと思って」とかなんとか言って口ごもる。。。



そんな大して覚悟もないのにそういう口ごもるような意識があるなら、少なくとも周囲を巻き込むのはよせ、と言いたい(笑)。そして失礼を承知で言えば、そんな結婚後もお金がかかる嫁さんっていったい・・・・・と思ってしまう。身体が資本のモデルでもやってるんかぁ????(笑)



さてさて、プロ野球もポストシーズン迎えていますが、特にFA宣言した選手に対する球団のコメントが、今は減ってきているのでしょうが、かつては他球団に移籍して欲しくない正直な気持ちがあるくせにそれとは裏腹に「FA宣言したってどこも君を欲しがったりしないだろ」みたいなことを安易に上から目線で言ってしまう球団とかもどうなんでしょう。



全ての例に当てはめるのは難しいかもだけど、たぶん、それって相手に自分の弱さを素直に見せて「助けてください」と言えないのが原因なんだと最近僕は思っています。



個人的にはプロ野球2018ポストシーズンで時の人となっている西武ライオンズの浅村選手のFA宣言に対して「引き留めを全力で行う」と言っている球団にはそういう素直さを恥ずかしがらずに持って、誠意ある慰留をして欲しいと思ってます。過去、球団側の上から目線の言動でショックを受けて寂しく移籍を選んだ名選手たちのような扱いだけはしてほしくないですね。名選手って言ったって、アンタ、僕らと同じ「人の子」であり等しく感情を持ったイキモノなんですよ~。



僕自身に置き換えて想定してみた場合、おそらく20年後くらいに僕の愛娘が「この人と結婚したいの、お父さん」って言われた時に試されますよね。素直に「出て行かれると寂しいから、結婚はんた~い」とか素直に言ったうえで相手の男性と直接対決して、へんな見栄で本心と違うところでの不毛なケンカにならないよう(たとえば、お前の収入は娘を幸せにするのに本当に十分なのか!とかそんな陳腐なことを言わないよう)、今日のこの気持ちをここに備忘録として記しておく。

読者専門なので

初めまして。
ろわでろわ、と申します。



このハンドルネーム、洋酒好きにはピンとくるでしょうが、
これ、僕が愛して止まないブランデーのお気に入り銘柄が由来です。



ブランデーとしての正確な名称は「Roi des Rois」と綴り、日本語文字にする場合は「ロア・デ・ロア」と書かれるのが一般的ですが、それではつまらないので僕なりにアレンジしたものです。だって意味がそもそも「王の中の王」と大仰で自分には全く似つかわしくないので平仮名表記でマヌケてる自分の等身大になるよう調整した感じです。



まぁ、それはさておき、訪問いただいた方には申し訳ないのですが、
僕自身はブログを定期的に書く性分にあらず、基本的には読者専門です。



ただ稀に気が向くと「備忘録」として自分用に何か綴っているかもしれません。



それもこれも成り行き任せの僕の人生のごとく気ままに行きたいと思いますのでなにとぞご了承ください。



ではでは、次はいつお会いすることになるやら。